不動産投資型クラウドファンディング 72(ナナニー)CROWD

初めての方へ

不動産投資
クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングという言葉は、昨今よく耳にする言葉になってきましたが、不動産投資におけるクラウドファンディングも今注目されています。仕組みとしては、「ある特定の不動産」を「特定の期間」、「共同所有」し、利益をシェアする投資方法です。当社が特定した不動産に対して複数の投資家を募集し、賃貸や売却によって得た利益を投資家に配当するサービスとなります。

不動産投資を行う際にハードルとなる「初期投資」「賃貸管理の手間」などがなく、少額から始められる、新たな投資不動産所有のありかたがここにあります。

仕組み

お客様の出資した元本を守る仕組み

投資対象不動産は現物不動産の運用による利益を出資者に配分しますが、利益は投資家様から配当利回りに至るまで優先的に分配されます。また、損失が出た場合はどうするのかと気にされる方も多いですが、損失が発生した場合に関しても、損失負担は当社出資分まで当社が負担し、優先出資者の元本を出来る限り守られる仕組みとなっています。

売却損が発生しても、当社出資分より減額。
20%を超える減額がない場合、出資者の元本は守られます。

※応募金額の80%は「優先出資者」、20%は「劣後出資者」とした場合

6つのメリット

  1. 1

    5%という高い想定利回り

    72CROWD.では高い想定利回りを設定して運用。大手銀行の定期預金が年率0.002%程度、国債が0.1%程度のことからも高い利回りが想定されます。

  2. 2

    少額から投資が可能

    ファンドにもよりますが、最低出資金額は1万円からの設定。不動産投資が初めての方でも少額で投資を始めることができるため安心です。

  3. 3

    出資の安全性を高める仕組み

    損失発生時に、劣後出資者から損失分担を行うことで、出資者の安全性を高める仕組みを採用。優先劣後構造を採用し、当社もパートナーとして劣後出資を行います。

  4. 4

    安定した入居率

    インヴァランスは、首都圏を中心に多くの不動産開発の実績があります。賃貸管理では、入居率が96.15%(2021年6月現在)という高い入居率を実現しているため安定運用が実現できています。

  5. 5

    信頼性の高さ

    東証一部上場の大東建託株式会社が親会社。不動産取引の実績、賃貸管理の実績も多数ありますので、安心して運用をお任せください。

  6. 6

    プロ厳選の対象物件

    多様な情報網を駆使して不動産クラウドファンディングに最適な物件を選定。所在地、収益性、マーケティング情報、等様々な情報を加味しています。

安全、簡単、少額の
クラウドファンディングは、
不動産投資の第一歩として
選ばれています。

会員登録する